誰でもカンタン♪
モンカフェ ドリップ コーヒー

美味しい入れ方

LESSON 1

\あけて、のせて、注ぐだけ!/

モンカフェ ドリップ コーヒーの入れ方

モンカフェ ドリップ コーヒーの入れ方を、
手順を追ってご紹介いたします。

  1. STEP1

    フィルター ペーパーの中央の合わせ目を押し開きます。

  2. STEP2

    折り目に沿ってしっかりと折り曲げます。

  3. STEP3

    カップのフチをはさみ込むようにしてセットします。

  4. STEP4

    沸かしたての熱湯をコーヒー全体に軽くかけ、10秒蒸らした後、1杯分(約140ml)を2~3回に分けて注ぎます。

    10秒間の蒸らしが美味しさのポイント

LESSON 2

美味しく入れるコツ

香りと美味しさを学んだあなたのための実践編。モンカフェをさらに美味しく入れるコツをご紹介します。
さらに、「応用編」のポイントをおさえれば、いつものコーヒーが自分好みの味に。

  1. POINT1

    「10秒」「“の”の字」の
    コツを守って注ごう

    まずはコーヒーの粉全体にお湯をかけ、10秒程蒸らします。その後、「の」の字を描くようにゆっくりと注ぐのがポイント。細口のポットやケトルは、注ぎやすいのでおすすめです。

  2. POINT2

    お湯はフィルターに
    直接触れないように

    フィルターの側面に注ぐと、お湯がそのまま通過してしまいます。粉全体にお湯を行きわたらせ、コーヒーのエキスをしっかりと引き出すことが大切です。

  3. POINT3

    一杯分の量が入ったら、
    カップから外す

    フィルターから最後の一滴が落ちるまで待っていませんか?お湯を注ぎすぎると、「美味しくない苦味」が出てしまいます。1杯分の量が入ったら、モンカフェをカップから外しましょう。

応用編より自分好みの味を求める方のために

1.お湯の温度や注ぎ方で、自分好みの味に

ドリップ コーヒーのモンカフェは、入れ方によって風味がさまざまに変わります。

お湯の温度を変えると…

高い温度(90~95度)で入れる場合

香りが強く、しっかりとした風味のコーヒーになります。

低めの温度(80~85度)で入れる場合

渋みのない、マイルドな口当たりのコーヒーになります。

お湯を注ぐ時間を変えると…

短い時間で一気にお湯を注ぐ場合

酸味の少ない、軽い味のコーヒーになります。

少しずつ時間を掛けて(あるいは何度かに分けて)注ぐ場合

コーヒー感の強いしっかりとした風味のコーヒーになります。

2.アイス コーヒーを入れてみよう

ドリップ あらかじめ氷を入れたグラスにモンカフェをのせ、ゆっくりとお湯を注げばできあがり。
氷が溶けて薄まるので、いつもより濃いめに入れるとしっかりとした味が楽しめます。

コツをつかめば、自分好みの味や香りを追及できます。
ドリップ式だからこそ、コーヒーの楽しみ方が広がります。